トップページ »  » 住宅ローンの金利

住宅ローンの金利

一般人にとって、持ち家というものは一生で一番高い買い物というのは言うまでもありません。その金額は数千万円以上になり、住宅ローンを組むと35年など超長期間かけて少しずつコツコツと返済していく形になります。住宅ローンは他のローンより金利は基本的に低く設定されてますが、借りている金額が大きいので月々の返済額は数万円から数十万円と決して安いものでもありません。また、担保として連帯保証人をたてる代わりのローン保証料も組み入れるとさらに金額が上がります。ですから、同じ家を買うなら住宅ローンの融資をしてくれる数々の銀行の中でも、金利の低いところを選びたいのは当然の考えですね。
住宅ローンは、融資額が高いことと返済期間が長いことで、ほんの少しの金利差でもトータルの支払い金額に大きな違いが出てきてしまうのです。そこで銀行は0.1%でも金利を低く提供して融資先を増やそうと、その競争が激化しています。例えば、3000万円の融資額で0.1%金利が違うと、1年間で3万円の差になり35年間ではトータルで100万円以上の違いになってしまうのです。まさにチリも積もれば・・・というのはこのことですね。
住宅ローンを検討している場合は、金利の点に関して融資銀行をしっかりと検討すべきだと思います。注意点としては、キャンペーン金利と称して最初のいくらかの期間だけ金利を低く設定してその後グンとアップするパターンもあるのでしっかり見極めて下さいね。