トップページ »  » 住宅ローンとは

住宅ローンとは

我が家は5年ほど前に、一戸建てを新築してその時に35年の住宅ローンを組みました。
住宅ローンは、一生で一番高い家という買い物をするためのローンですが、その他のローンとは借りる金額のケタが大幅に違うので、その分ローンの金利も低めに抑えられています。しかし、金利がいくら低いとはいっても、元金が高いので実際に毎月支払う金額は数万円から数十万円になることもあります。35年などと長期の支払い期間のうち、半分以上は金利の支払いだけで終わってしまうというケースも少なくありません。
住宅ローンを申し込む時には、申込者の年収や家族構成などによって融資してもらえる金額が変わってきます。返済不能時の担保は連帯保証人を立てる代わりに、数百万円ほどのローン保証料がかかります。一般的に融資金額の目安は年収の5倍程度がおすすめと言われています。それ以上は月々の支払額が負担になってローンの継続が困難になる恐れがあるからです。もし融資総額以上の価格の家や土地だった場合は、頭金として前もって預貯金などを用意する必要があります。
人が高額の住宅ローンを組んででも持ち家を手に入れたい理由は、土地や建物などの不動産というのが一生の資産価値を持つからでしょう。高齢になってから賃貸契約がしにくいからという理由もあると思います。

住宅購入時に必要な保険についてのご紹介なら、こちらをご覧ください。