トップページ »  » 住宅ローンとは

住宅ローンとは

住宅ローンとは、本人、またはその家族が居住する住宅を購入する際にくむことのできるローンのことです。住宅を購入する際、多くの方が利用するローンですね。

住宅ローンの魅力は、通常の融資と比べて低い金利で融資をうけることができることや、1億円前後の高額な融資が可能であること、また返済期間も最長35年前後と長く設定できることです。

ただし、住宅ローンを組む場合は、たいていその住宅に対して抵当権がつけられます。つまり、その購入する住宅及び土地などの不動産が担保になるということです。担保の意味は改めて述べるまでもないと思いますが、万が一ローンの支払いが滞った場合、担保となった不動産が競売にかけられ、売られてしまうということです。

また、競売にかけられて売られた金額が、ローン残金に満たない場合は、さらにその分が請求されることになります。これは住宅ローンを組む際のリスクとなります。したがって、返済計画には余裕を持ち、確実に支払いの見通しがきくようにしなければなりません。

なお、担保になる不動産に関しては、たとえば土地がすでに本人の所有のものであったり、家族や親族のものであったりした場合でも、担保として要求されますので、注意が必要です。

住宅ローンの返済に悩んだら、こちらをご覧ください。