トップページ »  » 住宅ローンの比較の重要さ

住宅ローンの比較の重要さ

住宅ローンを組む際、金利については誰もが注目することと思います。わずか1%違うだけでも、大変な差になって現れるからです。

たとえば、3000万円の35年ローンを組んだとしましょう。すると、トータルで700万円近い差になってしまうのです。この金額にびっくりしますよね。

3000万円の1%は30万円ですが、残金は減っていきながらもローンが35年間も続くわけですから、トータルで見ると、700万円もの差になるのです。

この差額があとあと響いて、返済が滞るということもあるかもしれません。何らかの事情で収入が途絶えたり、他にもっとお金が必要になったり、人生何かあるかわかりませんからね。万が一、返済が滞れば、担保になっていた家は競売にかけられてしまいます。つまり、自分の家を失うということです。

そうならないためにも、金利の比較は重要です。どこの銀行も金利は同じだろうと思って、近くの銀行から住宅ローンを組むのは早計です。銀行によって、金利はまちまちです。今は、インターネットなどを利用すると、簡単に各銀行の金利の差を比較することができますので、それらを利用しながら、一番金利の低いところを選ぶのが重要だと思います。

もちろん、金利だけの単純比較で銀行を選ぶことはできませんが、住宅ローンのような高額ローンの場合は、いずれにしてもじっくり時間をかけて、総合的にベストな銀行を選ぶ努力をおしまないようにしたいものです。